人の身体は60~100兆の細胞で出来ている。

これは聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

とりあえず、こんな感じの細胞が果てしない数があつまり、身体が出来ています。

 

そして、60~100兆個の細胞のうち、

なんと1兆個の細胞が毎日入れ替わっています。

 

 

 

タイトルにある通り、本日はお肌について。

 

この毎日入れ替わる細胞、ちゃんと入れ替わってくれれば、お肌の状態を保つことが出来ます。

逆に考えると、シミ・しわなど、細胞がうまく入れ替わってくれていないことをしてしています。

きれいなお肌に戻ることが出来なかったということです。

 

毎日入れ替わる細胞を、ちゃんと正しく入れ替えてあげることが、

お肌をきれいに、よく言われる肌のアンチエイジングが出来るということになります。

 

 

では、細胞の入れ替えに必要なことは何でしょうか?

 

「コラーゲン」

お肌に良いと聞いたことがあるかもしれません。

もちろん大切な存在です。しかし、コラーゲンを食べたり、肌に塗ったとしてもあまり意味がありません。

※コラーゲンもタンパク質。コラーゲンを食べたからといってそのまま肌に吸収されません。コラーゲンは食べればアミノ酸に分解されます。残念ながら、またそれがコラーゲンとして生成されるとは限らないのです。

コラーゲンは身体の中で作ってあげることが重要です。

ということで、細胞を正しく入れ替えには「栄養」が大切ということです。

 

では体内でのコラーゲンの作り方。

先ほどの通り、コラーゲンはタンパク質でもあるため、やはり、

タンパク質(肉・魚・大豆製品や卵など)。

またそれに合わせて、

炭水化物(お米、パン、麺など)※ブドウ糖ということです

ビタミンC

ビタミンA

とこの4つの栄養をとることで、コラーゲンを作ってくれます。

ビタミンCもお肌に良いとよく聞くと思いますが、

タンパク質、炭水化物、ビタミンAも一緒に摂ってあげることが必要となります。

 

しかし、ここで注意が必要です。

肌という組織は、筋肉と同様に、栄養が回るのが最後。

ちょっと食べたからといって、肌に栄養が流れるわけではありません。

もしかすると、お肌に良いと何か良い成分の入ったサプリを飲んでいても、栄養状態が悪くお肌まで届いていないという方もいるくらいです。

栄養、見直してみましょう!